分譲マンションを高く貸したい。あと管理もしっかりして欲しい。

分譲マンションを高く貸したい。あと管理もしっかりして欲しい。

分譲マンション高く貸したいM子

急な転勤で購入したマンションから引っ越さなければならなくなり貸そうかどうか迷っている方へ

 

どうせ貸すなら高く貸したいですよね?

 

分譲マンションを高く貸すにあたって知っておくべきことを現役の不動産管理会社勤務の私がお伝えします。年間で45万円以上得をされた方の情報も盛り込んでいますので是非ご参考になさってください^^

一社しか話しを聞かなかったら月当たり38,000円損するところだった女性

2年前の話なんですが、近くに家を買ったのでマンションを貸したいと電話を掛けてきた女性がいました。

マンションを貸したいと電話を掛けてきた女性

貸そうと思っているマンションの条件を詳しく聞きましたところ、大手法人の需要にぴったりな感じだったので198,000円ぐらいで貸せると思います、とその場でお答えしました(;'∀') 本当はきちんと査定しなければならないのですが、直近でいくつも同じような事例にあたっていたため大体の相場観が頭の中に入っていたので即答してしまいましたw

 

そうしたら、電話の向こうの女性が「そうですよね〜!」とすごく感激された様子だったので、何かあったのですか?と聞いてみたんです。

 

…実は私は2店舗目の問い合わせだったらしく、最初のお店では160,000円ぐらいでしょう、と言われてしまったということでした。でも、事前に自分で調べていて20万円近くで借り手が見つかるんじゃないかと思っていたのでおかしいな〜と思いつつ他のお店にも聞いてみようと思ったということでした(;^ω^)

 

結局時期が良かったこともあって、問い合わせを受けた週末に3つも大手法人による案内が入って無事に申込をいただき契約まで進めることができました(^^)v

 

その女性はこの早い申込をとても喜んでくださって、以降いろいろと間貸しをしたいなど難しい相談等をいただけるぐらい仲良くなりました。

 

もし下調べをせず最初に問い合わせをしたお店の言うことを真に受けてしまっていたら年間で456,000円(38,000円×12か月)も損するところでした。どこから160,000円という金額が出てきたのか私にはまったく分からないのですが、早く貸そうと思って相場より安い値段を言うような不動産会社もあるのかな…と思った出来事でした。

分譲マンションの賃貸に強い会社、そうではない会社

不動産管理会社の選び方

世の中に不動産管理を事業として行っている会社は数多くありますが、分譲マンションを貸すことを強みにしている会社はそう多くはありません。

 

分譲マンションを貸す場合、管理事務所や管理組合宛てに第三者使用届を提出したり、リフォームを行うには前もって申請をしなければならなかったり、駐車場を借りるには所有者名義でしか借りられなかったりなど分譲マンション特有のルールがあるため、分譲貸しに詳しい会社・人でないと上手く扱うことができません。

 

よく聞くのが、分譲をした不動産会社の系列の賃貸管理会社に募集・管理を任せるといった話しですが、私は必ずしもこれがベストな方法だとは思ってません。

 

面倒かもしれませんが分譲マンションの賃貸に詳しい不動産管理会社複数社に話しを聞いてみて、波長の合う会社・担当者を見つけるべきだと思うのです。

普通借家契約、定期借家契約の違いが分かりますか?

定期借家契約と普通借家契約の違い

一般的には普通借家契約で貸し出しをするんですが、この契約形態のリスクをご存知でしょうか?

 

それは、将来、自分が転勤から戻ってきたのでマンションを使いたいと思っても、普通借家契約で入居している方がいたら容易に出て行ってもらうことはできないということです。仮に普通借家契約を締結して住んでる人がずーーーっと住みたいと言うならば出て行ってもらうことは不可能とも言えます。まぁ、そこまでこじれることはなく、金銭的な見返り(退去してくれたらいくらいくら払うなど)を提示することで引っ越しをしてもらうこともちらほらあります。

 

ですので3年後に確実に戻ってくるなど予定が明確に決まっている方は定期借家契約という期限が決まっている契約形態で賃貸借契約を締結すると良いでしょう。(その代わり、普通賃貸借契約に比べ多少ディスカウント(割引)しないと入居者が決まらなかったりします。)

私も驚いた関西と関東の管理会社の違い。

関東と関西の管理会社の違い

実は私自身、最近異動となりまして、東京で買ったマンションを転勤期間中は貸すことにしました。(自分の会社で管理してもらってます(;^ω^))

 

転勤で商慣習の地域差にも驚いてますが、もっと驚いたのは関西と関東の管理会社の違いです。

 

というか関西はマンションを分譲した会社が賃貸管理部門を持っていなかったりして、いざ貸す!となったときにどこに相談したらいいか分からないことが多いということです。マンションの近くにある不動産会社に事情を話せば良いのかもしれませんが、そのお店が必ずしも分譲賃貸に詳しいとは言えないためややリスキーだなと思うわけです。

 

さきほども述べましたが分譲マンションを貸すには特有のルールが存在しますので詳しい会社に任せるべきです。分譲した会社の関係会社に限らず、一番信用できそうなしっかりした会社を見つけて管理を任せるようにしましょう。定期借家契約と普通賃貸借契約の違いなどを分かりやすく説明してくれるような会社が良いと思いますよ。

 

分譲マンションの賃貸管理を事業として行っている複数の不動産会社に話しを聞くことができる便利なサービスも最近出来ましたので上手く活用してみてください。

 

このページの先頭へ戻る